白石医院・白石公彦

白石医院の基本理念

地域の方に適切な質の高い医療を提供する
患者さんとともに考える医療を実践する
地域の方の健康を増進させる

院長 白石公彦 略歴
1953年生まれ
福岡県立門司高校卒45年卒
久留米大学医学部53年卒
昭和60年医学博士
専門領域:肝臓病学 消化器病学
所属学会:日本内科学会、日本消化器病学会 、日本肝臓学会、日本癌治療学会、 プライマリケア学会、日本臨床内科学会 栄養改善学会
認定医:認定内科医 日本消化器病学会認定医 日本肝臓病学会認定医
その他:介護支援専門員 日医認定産業医
門司区医師会会長

院長より一言
比較的人口の少ない伊川・猿喰・柄杓田という農漁村を診療域としており、子どもから老人まで様々な疾病の患者さんが来院されます。それらの中から専門医受診が必要な方は適切な医療機関につなげることを第一に考えております。消化器病特に肝臓病を専門としておりますが、感染症、循環器疾患、血液疾患などにも興味がありますし、専門性にこだわらず診療生活を終えるまでプライマリケア医として自分の得意分野を広げたいと考えております。
また健康増進のための講話を積極的に行っております。

趣味:昆虫採集 薔薇の栽培 ソフトバンクホークス評論


ホームへ